CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
多摩川な人々
多摩川な人々 (JUGEMレビュー »)
キッチン ミノル
5年かけて撮ったとキッチンさんは言っていた。自分の思いつきなんて誰かが既に思いついているという好例。
RECOMMEND
Shine
Shine (JUGEMレビュー »)
Joni Mitchell
こういうのを珠玉の1枚というんだと思う。Joniのギターと声、ホーンアレンジ。完璧。
一人、静かな夜に。
RECOMMEND
Cribas
Cribas (JUGEMレビュー »)
モノ・フォンタナ
オススメピアノアルバム第2弾。
ミッシェルよりもさらに深ーく。
とにかく機会を見つけて聞いてほしい。
RECOMMEND
A Thousand Days
A Thousand Days (JUGEMレビュー »)
Mitchell Froom
大好きなプロデューサーのピアノソロ。
最高のEverGreen Album。本当にオススメ。ゼヒ!
RECOMMEND
Ma Fleur
Ma Fleur (JUGEMレビュー »)
The Cinematic Orchestra
いつまでたっても聞いてしまいます。
RECOMMEND
Everything That Happens Will Happen Today
Everything That Happens Will Happen Today (JUGEMレビュー »)
David Byrne;Brian Eno
バーンの声はやっぱりキモチイイ。
MOBILE
qrcode
福島の皆様へ
 
拝啓 福島の皆様

元気でやっていますか?その後、いかがですか?

もうすぐ1ヶ月。
こちらの安心の為だけに、回線やみんなの時間を使いたくなくて
連絡を取っていませんが、いかがですか?

郡山の皆様、喜多方の皆様、会津若松の皆様、いわきの皆様

何か困ったことがあれば、いつでも連絡ください。
出来ることは少ないかもしれないけど、いつでも連絡をください。

不用意に行って迷惑かもしれないと思うと、余計に足が動かない。
でもいつでも待っています。

東京へ来たくなったら教えてください。住まいは確保できるから。
手伝いができることがあれば、もちろん呼んでください。

いつでも待っています!



| Feelin' & Thinkin' | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本当に欲しいモノ
最近、気になっていることがあって
本当にみんな欲しいモノを手に入れているのかな?と。

こんなことを言うと身もフタも無い話だけれど
本当に欲しいモノってそうそう簡単に手に入らない、入るはずがない。

自分の好きな物やコトを、キチンと人に伝えることができる人は稀です。
というかそういうことができないのが普通で
そういう自分も、ほとんど上手く説明できた試しがない。

だけど本当に欲しいモノを手に入れようと思ったら
そこを避けては通れないはず。

自分の欲しいモノは、自分にしかわからない。

例えば、
3年前に旅行先で見かけた、あの店のあのドアの感じ…だったり
懐かしい友人の家に遊びにいった時の、あのキッチンの雰囲気…だったり
子供のころ住んでいたあの家の天井の高さ…だったり

自分のお気に入りのことは、自分でしか語れないのです。

もし自分でそれを作ることができなければ、それを伝え続けるしか無い。
伝えることができなかったら、その言葉を探し続けるしかないのです。

でもきっと必死で探し出した自分の「お気に入り」は、強いはず。
その本当に欲しかったものを手に入れた喜びは、代え難いはずです。


いつも何かを手に入れるとき(例えば買い物とか)「恐い」と感じます。
それが自分の傍らにあることで、今までの価値感がどう揺らいでしまうのか
もしかしたら、全てをぶちこわしてしまうのか、とか考えます。

もちろん、買い物は大好きですから、本当に欲しいものが手に入った時の
あのフワッと浮き立つような、何とも言えぬ快楽を忘れたことはないけれど
手に入れることを恐いと思う感覚も、大切にしたいと思っています。


本当に欲しいものは、簡単には手に入りません。手に入るわけが無いのです。

周りには情報があふれ、手を伸ばせば「無意識の代替品」がゴロゴロしています。
でももしその代替品に手を出した瞬間、その向こうにある本当に欲しかったモノは
代替品の向こうで、さらに霞んでしまうのです。

だから時間をかけて何度も自答し、周りに語りかけ、たくさん想像してください。
そしてそれを僕らに伝えて欲しいと思います。
伝え続けてくれている限り、僕らは全力でそれを考えます。


本当に欲しいものは、そう簡単に手に入らない。
「おまかせ」ではけっして手に入らない、入るわけが無い。
考えることをやめなければ、僕らも一緒に考え続けられるので。

本当に欲しいモノを探す家づくり。
そんな家づくりができればいいな、と思います。


| Feelin' & Thinkin' | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆっくり長くそしてより遠くに。
 
やっと通常営業の雰囲気が出て来た、と思ったら3連休。
なんだかちょっとまだ調子が出ない感じ。
今週、ぼんやり今年のことを考えていました。

昨年は人生で初めてというくらい、たくさんの新しい出会いがあり
いろんな契機をもらうことができた1年でした。

今年はそれらを具体的に形にしたり動き出す年にしようと思っています。
そうそう簡単に実現する物ではないけれど、今ある物を最大限に使って
より少ない先行投資で持続していけるよう、そっと大切にスタートを切る。

なかなか最初は気づかれないくらいでもちょうどいいかもしれない。
ある時ふと見ると「あれ?いつの間に?」というくらいがいい。

そんなソフトランディングをするのが今年1年になると思います。
そして走りながら少しずつ鍛えて、ゆっくり長くそしてより遠くに行きたい…
と考えています。

まず第1弾は事務所移転を検討中。
まだ物件も決まっていませんが、春にはと。

具体的なプロジェクトについては改めてブログにアップしていきます。

さてボチボチ走り出しましょうか!
| Feelin' & Thinkin' | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もよろしくおねがいします!
 
あけましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。

すっかりご無沙汰してしまい久しぶりの更新。

2010年はTwitterばかりでしたが、今年はブログもキッチリ再開させ
スタジオAの活動をアップしていきます。

今年もスタートはこの曲。
きっちり前を見て、陽の当たる場所へ。


今年も何卒宜しくお願いします!



| Feelin' & Thinkin' | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Blue Sky, Sunshine and Peace
 
ちょっとアップがおくれましたが
やっぱり晴れましたね。8月15日。

今年も写真を撮ることができました。

自分の親が今、70歳代後半。終戦の頃、思春期です。

最近親の年代の方々を見ていて感じるのは、そのタフさ。
ゼロから今の日本を作り上げてきた、その知性と体力には
本当に驚かされます。

だんだん戦争を語れる人達が少なくなってきています。
それと時を共にして、戦争を語る必要のない世の中になれば。

そしてこの青い空と、人々の笑顔が永遠に続くことを願って。

Love & Peace

| Feelin' & Thinkin' | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
有楽町で逢いましょう。

昨日、韓国系(韓流ではない)の映画で一時代を築いた
有楽町のシネカノンが民事再生法を申請したというニュース。

シネカノンでは一度も映画を見る事がなかったけど
一時、立て続けに通った事がある。

宇都宮の閉館して数年たった映画館の再生プロジェクトに関わっていた時で
その規模と個性的な映画館を目指したいという運営側の熱い思いの
そのモデルになっていたのがシネカノンだったのだ。

規模は本当に小さかったけど、内部の至る所に映画への思いと
巨大産業に斜に構える姿勢が、そこかしこにあふれる
本当になんというか愛すべき映画館だった。

その目に見えない映画への思いのディテールを
何とかつかみたくて足を運んだ。

そのプロジェクトは残念ながらワンマンオーナーの
突然の中止宣言で実現には至らなかった。
運営側の若い担当者の熱い思いに背中を押されて
こちらも気合いが入っていただけに
その時はちょっとばかり落ち込んだのを思い出す。


最新の映像音響システムを抱えたシネコンも嫌いではないけど
(シネコンで見る土曜の夜のレイトショーのアクション映画なんて
最高の週末の夜の過ごし方だと思う)でもシネカノンのような気骨のある
個性的な映画館がやっていけない街の風景はかなり寂しい。

そういえば有楽町マリオンの西武も…。

もう都内の一等地だって、なんの保証にもならない。
どんどん地方の時代になってきている。


| Feelin' & Thinkin' | 21:09 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
アウトプット
 
暦でいうところの2クール目に入った今年(つまり13年目)
事務所としては今まで通り、クライアントの皆様と一緒に作っていくのですが、そろそろ、そうして完成したモノのアウトプットをキチンと考えていかなければ、と思っています。

幸い関連業者の方々からも、そんな話をいただいたりしています。
今、頑張ってくれているスタッフの為にも、今まで頑張ってくれた元スタッフの為にも、これからのスタジオAの為にも、やらなければいけないな。

デザイナーは「作りたい!作りたい!!」と言い続けなければいけないと。
煙たがられるくらいになって、初めて周りの方も協力してくれるんだと。
今の作り手はそういうガッツが足りないっすね、という話を聞きました。

きっとアウトプットも同じ。
ちゃんと発信し続けないと大きな出力にはなりません。



正月にTVで、エベレストに世界で2人目の単独無酸素登頂に挑戦している若い登山家のドキュメントを見ました。

この人のすごいところは自分でビデオカメラを持って登っている瞬間をリアルタイムでネット配信していること。つまりは今、この瞬間に世界で最も高いところ立っている人の様子が居間のコタツの中で見れてしまう、ということをやっている。

そのドキュメント見て、それはもうホントに力が入った。それよりも息苦しくなった。
一歩踏み出すだけに10分かかる世界。それも叫びながら泣きながらで無いとその一歩が出ない。出せない。その厳しさをリアルタイムでアウトプットし続けています。

たぶん彼の苦しさは、今までの登山家の人たちと、何一つ変わらないだろう。
ただ僕らが今まで写真や書籍では実感できなかったリアル(酸素の薄さからどれだけ呼吸を深くしなければならないとか、尾根にあがった瞬間目の前にゴロリと転がる死体のウィンドブレーカーがはためいている感じとか)が、つまり「生の実感」が本当に伝わってくる。

もしこれがリアルタイムでモニターに映っていたとしたら…。
ものすごい力を持ったアウトプットだと思った。それは本当に世界を変える、人を変えてしまう力をもった、最強のアウトプット。
そしてそれは僕らの登山家を見る目(例えばお金があればね、的なことや、何故登るのか?とか)を全く変えるし、何よりも生きていることの想像力の幅がとてつもなく広がることなんだと思う。


僕らが普段やっていることは、この何万分の一の労力かもしれない。
けれど、それでもこうやってアウトプットすることで、知り得なかったことを知ることができるし、もしかしたら共有してもらえるかもしれない。何よりも次へとつなげることができる。


今年は1つ、キチンとしたアウトプットを。目標ですね。

で、もう1つの目標は「ブログを短く書けるようになる」こと笑

がんばります。
 
| Feelin' & Thinkin' | 22:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Thanks a lot !
 
本当に出会いの多かった1年。

相変わらずジタバタでしたがとにかく楽しむことができました。

いつも我慢強く待ってくださってるクライアントの皆様
未熟な僕らを支えてくれる各業者・メーカーの皆様

本当にありがとうございました。

最後まで真摯に仕事に向かってくれているスタッフ
そして友人、家族。

本当にありがとうございました。


今年もいよいよ終わります。

本当に感謝感謝の1年でした。




今年最後のリバサイ・サンセット
この向こう側に2010年が待ってると思うとワクワクします。

また明日から頑張りましょう。

本当にありがとうございました!

2010年も何卒よろしくお願い致します!

では、良い年をー!

| Feelin' & Thinkin' | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しい世紀へ(ローカルの時代)

写真は先日訪れた今年2回目の、12月中旬だというのに雪が全くない札幌モエレ沼公園。


ようやく本日、2009年仕事納めと相成りました。

昨日今日と2日間の大掃除。今年は本当に多くのモノを捨てました。
お陰で事務所の中はかなりスッキリ。やはり空きがないと新しいモノは入ってこないので、今年の整理というよりは、来年に向けての準備の2日間。
いつでもかかってきなさい!という気分です。


ところで。
様々なところで言われているので決して新しい話題ではないと思うけど、今年でやっと20世紀が終わり来年から21世紀が始まる。

今年だけでも世界中で20世紀を作ってきた様々な偉人達があの世へと旅立ち(最後を飾ったのは「あの」マイケルですが)、様々なパラダイムシフトへ向かう為の「清算」の最後の1年だったな、と。

20世紀を清算するにこの10年が必要だったとすると、来年からは21世紀の助走に必要な10年になるわけで、年が明ければありとあらゆる場面で新しい価値観が登場して、ますます境界がなくなり、当分の間、全てのものがゴチャゴチャにかき回されて行くんだろう。

それは不安でもあるけど、もちろんチャンスでもあるってことで。

「生き抜く」とか周りを「出し抜く」とかいうことではなく(そう思っていると失速しますよね)リセットするなら今しかないな、と。
今までしがみついてきた(つかざろうえなかった)コトに見切りをつけて、より自分にフィットした日常を、本当のリアルを見つける良い機会になると思う。そしてそれはきっと相対的に考えているうちはダメなのでしょう。


それは、自分の中の軸を意識し、それがブレることなく共感する他者を受け入れることができる、つまり「ローカリズム」ということ。

 21世紀は間違いなくローカルの時代。つまり地方の時代。それもただの地方ではなく自律した地方。もっとも困難になるのは中心とされている東京であることはきっと間違いない。
この東京でどうやってそのローカリズムを獲得していくかが大きなキーになるはず。

やっぱりこれは楽しみにしていかないと、ね。


1年の仕事納めの少々感傷的&開放的な気分で、しかもこんな夜中にこういうことを書いているとロクなことがないのですが、もう年末だし笑、あえて読み返さずそのままアップしてしまいます。エイやっ!


| Feelin' & Thinkin' | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Winter


今日も施主との打合せでした。




 



ようやく原宿の銀杏並木もこんな感じに。

なんだかあと1ヶ月で今年も終わるという気がしない。
街にあふれるクリスマスソングが、妙に居心地わるく感じます。

何をそんなに急いでるんだろ?
そんなに慌てなくても、ね。

そんなこんなでだいぶ忘年会などの話も増えて来ました。
気がつくと12月も予定がほとんど埋まって。

あわてて、今日、来年のスケジュール帳を買いました。

パラパラとめくりながら来年の今頃は何をしているかな…と。





冬と言えば、僕にとってはこの曲。
PVもない、シングルカットもされなかった(ですよね?)曲ですが。
ミック・テイラーのギターソロがたまらない。

この曲を聴きながら、いくつの冬を越したことか。
名曲です。

この冬はどの景色で訊きに行こうか…。


みなさん、暖かくしてくださいね。


| Feelin' & Thinkin' | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>