CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
多摩川な人々
多摩川な人々 (JUGEMレビュー »)
キッチン ミノル
5年かけて撮ったとキッチンさんは言っていた。自分の思いつきなんて誰かが既に思いついているという好例。
RECOMMEND
Shine
Shine (JUGEMレビュー »)
Joni Mitchell
こういうのを珠玉の1枚というんだと思う。Joniのギターと声、ホーンアレンジ。完璧。
一人、静かな夜に。
RECOMMEND
Cribas
Cribas (JUGEMレビュー »)
モノ・フォンタナ
オススメピアノアルバム第2弾。
ミッシェルよりもさらに深ーく。
とにかく機会を見つけて聞いてほしい。
RECOMMEND
A Thousand Days
A Thousand Days (JUGEMレビュー »)
Mitchell Froom
大好きなプロデューサーのピアノソロ。
最高のEverGreen Album。本当にオススメ。ゼヒ!
RECOMMEND
Ma Fleur
Ma Fleur (JUGEMレビュー »)
The Cinematic Orchestra
いつまでたっても聞いてしまいます。
RECOMMEND
Everything That Happens Will Happen Today
Everything That Happens Will Happen Today (JUGEMレビュー »)
David Byrne;Brian Eno
バーンの声はやっぱりキモチイイ。
MOBILE
qrcode
<< リバサイ生活って? | main | 休日 THE MOVIE >>
タカラモノ

































先日のコトでふと思い出して久しぶりに引っ張りだしてみた。


きっと写真集として特に珍しいものじゃないと思うけど、
ボクにとっては本当にタカラモノの1冊。もうかれこれ23年も前の話だ。

カバーの裏には「¥11,900-」と。まさか高校生の自分がこんな金額を出すとは思えない。きっともっともっと安かったんだと思う。


この写真集は1960年代前半から1980年までの大リーグのカットを中心にまとめられている。エディットは極力写真そのものの迫力を伝えようとしているのは、見てのとおり。


しかしその写真の魅力的なこと。

選手たちの個性。気配。ギラついた目線。ユニフォーム。
観客のファッション。熱気。グラウンドに落ちる光と影。
フェンスのアドバタイズ…

当時、テレビでなんて大リーグが見ることができず雑誌で目にする程度だったけど、高校生だった自分が自分の生まれた年には、海の向こうではこんなカッコイイ野球があったんだ!ということに衝撃を受けて、これを見た時に買わねば!と記憶している。


いまでも事務所の棚、すぐ手に取るところにこれはいつもある。

なんというか、ある意味自分のアイデンティティを支えている1冊。
この雰囲気、空気感。何か大切なモノを含んでいるとでも言えばいいのか。

これを開くと、あの頃の気分にすっと戻る事ができる。
それはノスタルジックではなく確認、というか。
自分の立ち位置を確認する大切なツールの一つ。

自分にとってのタカラモノ。かけがえのない。

 

 
| favorite! | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.saa-jp.com/trackback/1481648
トラックバック